ハモンドオルガンとレスリーの修理 6

ついに分解していろいろなパーツを修理していたハモンドオルガンが一段落しました。ACラインパネルのワイヤー接続のはんだをきれいにして配線を付け直しました。

そして修理技師の山本さんが来られて、鍵盤すべてを調節して取り付けました。その時に鍵盤のフェルトであるアップストップフェルトとダウンストップフェルトも交換しました。

まだペダルのフェルト交換やトーンジェネレーターのコンデンサーやビブラートボックスのコンデンサーの交換などがありますが、とりあえず弾ける状態になりました。やはり自分でいろいろと修理して、その楽器がうまく動くようになると大変嬉しいです。音もすでに前より良くなりました。 

これからは少しずつ時間を見つけてゆっくりと山本さんに修理をお願いしたり、自分で修理していきたいと思います。

 

 

 

Leave a comment

    Add comment